アロマテラピー

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 キレイ
黒酢 サラサラ 効果で血液サラサラ、万病予防と自己治癒力を目覚めさせ
心と体の綺麗と元気を取り戻すことを願って、色々な情報を紹介します。

黒酢サラサラ

 
黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気TOP> 【アロマテラピー(2)】

アロマテラピー】


体の不調や不快症状を解決するには、心の疲れをとって休息するのが
一番の近道かもしれません。

体調が悪い時って誰でも気分がすぐれず、気持ちも沈みがちですよね。

逆に気持ちが落ち込んで気分がすぐれない時は、体の調子が悪かったり・・・
昔から病は気からって言われてますが、体調不良に必要なのは休息でしょう。
【体を外からほぐす】
頭と首
背中
全身
【体を中からほぐす】
フレッシュジュース
(1)
 (2) (3) (4)
スープ
お茶
ヨーグルト
◆黒酢漬け
(1)黒酢しょうが 

(2)黒酢にんにく 
(3)黒酢たまねぎ
黒酢特徴 
黒酢効果
黒酢の風呂
◆黒酢ダイエット
◆黒酢料理レシピ
◆黒酢料理レシピ2
◆黒酢ドリンク
【不快症状
女性特有の辛い症状
(1)尿もれ

(2)冷え性

(3)更年期障害
◆誰もが悩む不快症状
(1)疲れ目・ドライアイ・視力減退
(2)頭痛 不眠
(3)便秘・下痢
(4)シミ・しわ
(5)うつ
【体と心をいやすアロマテラピー
◆効果抜群の使い方
(1) (2)  (3)
◆悩み別・アロマ活用レシピ
(1) (2)
【体と心をいやす美容術
美容・顔(1) (2) (3)
美容・全身
◆美容・シェイプアップ
(1) (2) (3) (4)
リンク&リンクについて

休息する時に大切なことはゆったりと気持ちをゆるめてリラックスすることです。
色々な方法がありますが最も手軽で効果的なのがアロマテラピーという
方法があります。
良い香りは心地よさ、気持ちよさ、快感につながります。
それは脳の機能そのものをプッシュアップしてくれるのでしょうね。
脳は全身の機能をコントロールしてくれています。

良い香りでいやす、毎日の生活に気軽に取り込める「アロマテラピー」

効果抜群の使い方

2、風呂にたらす
お湯をためたバスタブにアロマオイルを落として入浴し、香りを楽しみましょう。
入浴することで、皮膚と鼻の両方から香りの成分が入り、しかも、全身の
血流もスムースになるため、効率よくアロマの効果をとり入れられます。

≪全身浴≫
湯をためたバスタブに精油を落とします。最初は1滴から、慣れてきたら3滴
多くても、5滴までにしましょう。
お湯の温度は、リラックスしたい時は38度くらいのぬるめの湯でゆっくりと
入ります。リフレッシュしたい時は40〜42度の少し熱めの湯に短時間入りましょう。
精油は揮発性が高いので、一度湯に入れたら30分くらいしか香りが持続しません。

≪フェイシャル・スチーム≫
フェイシャル・スチームは、喉の痛みや鼻づまりの緩和、肌トラブルに効果的です。
洗顔の後にやってみましょう。
@洗面器に80度くらいの熱湯を入れ、スキンケア効果のある、ラベンダーやゼラニウムなどの
精油を1〜3滴入れます。
A洗面器の20cm上から乾いたタオルをかぶり、湯気を閉じ込めたら、目を閉じて
蒸気を吸い込み、そのまま1〜5分くらい待ちましょう。
B終わったあとは、冷水や化粧水で肌を引き締めておきましょう。

≪温湿布・冷湿布≫
痛みやこりを感じる部分にタオルを当てることで、症状を緩和する働きがあります。
《温湿布》

@洗面器に熱湯を5〜6分目くらい入れて、精油を1〜3滴落とす。
Aたたんだタオルを浸し、水分を十分に吸いこんだら、ヤケドをしないとうに、注意して
タオルを絞る。そして、
温湿布のように患部に当てる。
B目の周りは少しぬるめにしましょう。
冷湿布》
熱を下げるため、冷水(10〜15度)にタオルを浸してやりましょう。

≪フットバス≫(足浴)

@洗面器、バケツ、たらいなどに少し熱めのお湯(40〜45度)を、足首から上10cmほど
つかる程度まで入れます。
A精油を2〜3滴落とし良く混ぜてから、5〜10分くらい足を浸しましょう。
フットバスの効果
足を温めることが全身の血流をよくするため、冷え性の人におすすめです。
風邪やケガなどで入浴できない時に、体を温める効果もあり、また、むくんだ足を
スッキリさせたい時にもおすすめです。

     
               
素材お借りしました
               
Copyrightc 黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気Allrights reserved