アロマテラピー

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 キレイ
黒酢 サラサラ 効果で血液サラサラ、万病予防と自己治癒力を目覚めさせ
心と体の綺麗と元気を取り戻すことを願って、色々な情報を紹介します。

黒酢サラサラ

 
黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気TOP> 【アロマテラピー(2)】

アロマテラピー】


体の不調や不快症状を解決するには、心の疲れをとって休息するのが
一番の近道かもしれません。

体調が悪い時って誰でも気分がすぐれず、気持ちも沈みがちですよね。

逆に気持ちが落ち込んで気分がすぐれない時は、体の調子が悪かったり・・・
昔から病は気からって言われてますが、体調不良に必要なのは休息でしょう。
【体を外からほぐす】
頭と首
背中
全身
【体を中からほぐす】
フレッシュジュース
(1)
 (2) (3) (4)
スープ
お茶
ヨーグルト
◆黒酢漬け
(1)黒酢しょうが 

(2)黒酢にんにく 
(3)黒酢たまねぎ
黒酢特徴 
黒酢効果
黒酢の風呂
◆黒酢ダイエット
◆黒酢料理レシピ
◆黒酢料理レシピ2
◆黒酢ドリンク
【不快症状
女性特有の辛い症状
(1)尿もれ

(2)冷え性

(3)更年期障害
◆誰もが悩む不快症状
(1)疲れ目・ドライアイ・視力減退
(2)頭痛 不眠
(3)便秘・下痢
(4)シミ・しわ
(5)うつ
【体と心をいやすアロマテラピー
◆◆効果抜群の使い方
(1) (2)  (3)
◆悩み別・アロマ活用レシピ
(1) (2)
【体と心をいやす美容術
美容・顔(1) (2) (3)
美容・全身
◆美容・シェイプアップ
(1) (2) (3) (4)
リンク&リンクについて

休息する時に大切なことはゆったりと気持ちをゆるめてリラックスすることです。
色々な方法がありますが最も手軽で効果的なのがアロマテラピーという
方法があります。
良い香りは心地よさ、気持ちよさ、快感につながります。
それは脳の機能そのものをプッシュアップしてくれるのでしょうね。
脳は全身の機能をコントロールしてくれています。

良い香りでいやす、毎日の生活に気軽に取り込める「アロマテラピー」

効果抜群の使い方

3、マッサージ
好きな精油、用途に合わせた精油を選んでオイルを作りマッサージをしましょう。
オイルはつけ過ぎないように、また、オイルをとる前に両手のひらをこすりあわせておくと
手が温まり、オイルがなじみやすくなります。
マッサージはお風呂上がりに行うのがおすすめです。

≪基本的なマッサージ法≫
もむ 親指、または中指を肌に軽く押し当て、小さな円を描くようにします。自分が心地良いと思うくらいの強さで、まぶたやお腹など、デリケートな部分は中指を使いましょう。
さする 手のひらや親指のつけ根、人差し指から小指の4本を使ってさすります。
リンパの流れに沿うように、手を流すようにさすりましょう
押す 親指、または中指を使って押します。 人差し指から薬指の3本の指を使ってもOK。

≪フェイスマッサージ≫
マッサージすることで、血行やリンパの流れをスムースにし、肌の細胞の再生を助けて、
シミやしわを防ぎます。

@
中指と薬指を使い、眉間から生え際に向かって10回さする。
額の中心からこめかみに向かってらせんをえがく。
A中指を使い、目のまわりをなでる。目のくぼみに沿って目頭からまぶた、
目じり、目の下という順番で10回やります。
B鼻筋は左右の中指を交互に使って上から下へなでる
小鼻はふもとから鼻の頂上に向かってなでる。各々10回づつやりましょう。
Cほおの上部、中部、下部をそれぞれ中指と薬指を使い、
円を描きながらなでる。
D中指で鼻から唇わきの筋に沿って圧迫し、すぐにパっと離す。
5回やりましょう。
E人差し指から薬指を使って、ほおを口角からこめかみに向かって、
らせんを描きながらさする。
F下唇の下を右の中指で左の口角から右の口角へさする。
左の
中指では反対にやりましょう。
上唇の上も同様にしてさすりましょう。各々10回づつ。
G親指と人差し指で、あご先からえらまで5〜6か所挟みながら進む。
3回やります。
Hあごの先端を右の指先で包み、あごのラインに沿って右の耳の
つけ根までなでる。左手でも同様に各10回やりましょう。

≪ハンドマッサージ≫
マッサージでより美しい指先に!
@オイルを手になじませて、手の甲全体をゆっくりと親指を使って押す。
手のひらは、数か所を痛くないようにゆっくりと2〜3秒押して離す。
手の指を1本づつもみほぐす。
A手首からひじまで手で包み込むようにして、少し強めにさする。

手首からひじへ向かって、腕の内側と外側をらせんを描きながらさする。
Bひじから肩にかけて下から上へらせんを描くようにさする。
最後に腕を上げて、リンパの集まる脇の下を、なでるようにさする。

≪フットマッサージ≫
リンパの流れをよくするマッサージでむくみを解消します。
@オイルを手にとり、両手のひらで足の甲を包む。リンパの流れを促すように、
足首から足先まで挟みながらさする。
A足裏と足の甲を親指ですべらすように押す。指で老廃物の滞りを感じたら
そこを重点的にマッサージしましょう。
B足の指を1本づつもみほぐし、各指のつけ根を重点的に押す。
痛みを感じたら少し時間をかけて押す。
C親指でくるぶしの周りをていねいにさする。足首まわりも親指を
軽く押し当てながら円を描くようにもみほぐす。
D足首からスネ、ふくらはぎ、ひざ、うちもものつけ根まで、両手の手のひらを
交互に使い、さすりあげる。両足を各10回やりましょう。
Eひざのまわりを上から下へ、両手の親指でぐるりと押す。
親指の腹を使ってひざのわきからひざ裏に向かってさする。


    
               
素材お借りしました
               
Copyrightc 黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気Allrights reserved