体をほぐす・足 

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 キレイ
黒酢 サラサラ 効果で血液サラサラ、万病予防と自己治癒力を目覚めさせ
心と体の綺麗と元気を取り戻すことを願って、色々な情報を紹介します。

黒酢 サラサラ        

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気 TOP> 【体をほぐす・足】

体を外からほぐす

体じゅうの「痛み」「こり」「だるさ」を解きほぐしましょう
全身のつらい症状を自分の手で、押したり、もんだり、のばしたり、
ほぐしたりして外からとり除きましょう。
【体を外からほぐす】
頭と首
◆肩
背中
全身
【体を中からほぐす】
フレッシュジュース
(1)
 (2) (3) (4)
スープ
お茶
ヨーグルト
◆黒酢漬け
(1)黒酢しょうが 

(2)黒酢にんにく 
(3)黒酢たまねぎ
黒酢特徴 
黒酢効果
黒酢効果
黒酢の風呂
◆黒酢ダイエット
◆黒酢料理レシピ
◆黒酢料理レシピ2
◆黒酢ドリンク
【不快症状
女性特有の辛い症状
(1)尿もれ

(2)冷え性

(3)更年期障害
◆誰もが悩む不快症状
(1)疲れ目・ドライアイ・視力減退
(2)頭痛 不眠
(3)便秘・下痢
(4)シミ・しわ
(5)うつ
【体と心をいやすアロマテラピー
◆効果抜群の使い方
(1) (2)  (3)
◆悩み別・アロマ活用レシピ
(1) (2)
【体と心をいやす美容術
美容・顔(1) (2) (3)
美容・全身
◆美容・シェイプアップ
(1) (2) (3) (4)
リンク&リンクについて

【足】足のむくみとだるさ
足は第2の心臓と言われるとおり、心臓同様に血液循環の役割をはたします。
下半身のだるさや冷えを足で改善しましょう。

≪ふくらはぎもみ≫
血行を促進して、全身が温まりほぐれて、冷えが消える。
ふくらはぎの筋肉をよく動かすと、下肢に送られた血液を再び心臓に戻す、
ポンプの役割をはたしてくれます。運動不足や疲れによって、この働きが弱まると
全身の血行が悪化し、冷え性の原因となります。
ふくらはぎの固くなっている部分を、少し痛みを感じるくらいの強さで
押してみましょう。血行がよくなり、徐々に体全体が温まってくるのが感じられるでしょう。

≪ふくらはぎもみのやり方≫
@くるぶしからひざまで(後ろ側)を、少しづつずらしながら押す。3往復やりましょう。
A足首後ろからアキレス腱、ひざまでを、ずらしながら押す。3往復押す。
B
くるぶしからひざまで(前側)を、少しづつずらしながら押す。3往復やりましょう。
ポイント・・・毎日好きな時間に片足10回づつ

≪かかと文字≫
足、ひざから腰の不快感まで解決
≪かかと文字≫とはなんぞや?
イスに座った状態で、かかとで空中に数字(0から9、9から0)を描くことで、
足、ひざ、もも、股関節、腰回りの筋肉を効率よく使う運動なんです。
かかとを上下左右に動かすことで、太ももの筋肉が引き締まり、その分
ひざは負担が減って、痛みがやわらぐでしょう。
また、普段使うことの少ない股関節周辺の筋肉も鍛えられ
腰の不快症状の改善にも効果的です。

≪かかと文字のやり方≫1日1セット
@イスに浅く座り、背中はイスのせもたれにつける。
Aひざを曲げずに片脚をピンと伸ばしたら、かかとで空中に数字(0〜9、9〜0)を描く。
逆の脚も同様に行う。
B左右交互の脚で、0〜3まで書いたら、4〜7、8〜9など区切ってやってみましょう。
慣れるまでは無理をしないで休みながらやってみましょう。
ポイント・・・足先だけではなく、股関節を大きくゆっくり、動かすこと。




≪寝たまま片ひざ倒し≫
ひざ痛や腰痛がスーッと軽くなる。
ひざを外側にバタンと倒すだけで、ひざ痛や腰痛の原因となる、下半身の
筋肉の緊張をやわらげることができます。脚を意図して動かすのではなく
力を抜いて引力で自然に倒れる感覚でやってみましょう。

≪かかと文字のやり方≫
@ふとんの上などであおむけになり、両ひざを90度くらいに曲げてたてる。
A不快症状がある側の脚の力を抜き、外側に向けてバタンと倒す。
2〜3回繰り返す。
ポイント・・・・慣れるまではひざが倒れる角度を浅くするために、壁際でやってみましょう。
ふとんの上など軟らかい場所で行うとよいでしょう。


               素材お借りしました
                                      
Copyrightc 黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気Allrights reserved