体をほぐす・腰 

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 キレイ
黒酢 サラサラ 効果で血液サラサラ、万病予防と自己治癒力を目覚めさせ
心と体の綺麗と元気を取り戻すことを願って、色々な情報を紹介します。

黒酢 サラサラ        

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気 TOP> 【体をほぐす・腰】

体を外からほぐす

体じゅうの「痛み」「こり」「だるさ」を解きほぐしましょう
全身のつらい症状を自分の手で、押したり、もんだり、のばしたり、
ほぐしたりして外からとり除きましょう。
【体を外からほぐす】
頭と首
◆肩
背中
全身
【体を中からほぐす】
フレッシュジュース
(1)
 (2) (3) (4)
スープ
お茶
ヨーグルト
◆黒酢漬け
(1)黒酢しょうが 

(2)黒酢にんにく 
(3)黒酢たまねぎ
黒酢特徴 
黒酢効果
黒酢の風呂
◆黒酢ダイエット
◆黒酢料理レシピ
◆黒酢料理レシピ2
◆黒酢ドリンク
【不快症状
女性特有の辛い症状
(1)尿もれ

(2)冷え性

(3)更年期障害
◆誰もが悩む不快症状
(1)疲れ目・ドライアイ・視力減退
(2)頭痛 不眠
(3)便秘・下痢
(4)シミ・しわ
(5)うつ
【体と心をいやすアロマテラピー
◆効果抜群の使い方
(1) (2)  (3)
◆悩み別・アロマ活用レシピ
(1) (2)
【体と心をいやす美容術
美容・顔(1) (2) (3)
美容・全身
◆美容・シェイプアップ
(1) (2) (3) (4)
リンク&リンクについて

【腰】
腰痛とだるさ、辛いですよね。
腰は文字どおり体の”要”。
ゆがみをとり、腰だけに負担をかけないようにすることが、健康へのしか道です。

≪寝たまま足倒し≫
骨盤のゆがみをとることが、腰の疲れと痛みをほぐす。
仰向けになり、足を交差させて外側に倒す動作をするだけです。
大切なのは必ず、時間・回数とも左右同じに行うこと。これをやることで、
いつのまにか左右で異なってしまった骨盤の開き方が矯正されます。

@仰向けに寝て、手足を伸ばす。全身の力を抜いてリラックスする。
A右足を左足の外側に倒して床につけ5秒間静止する。
反対側も同様に左右で5回ずつ行う。

≪正座背中倒し≫
@平らなところで、背筋をまっすぐ伸ばして正座する。
できるだけリラックスする。
Aゆっくりと背中を後ろに倒す。ソファなどにもたれかかり、10秒静止する。
一日一回やればよいでしょう。

≪体倒し簡単ポーズ≫
腰の不快感をとる。
これは体の深部にある赤筋(インナーマッスル)を鍛える動作です。
腰の不快症状の原因である、赤筋の血行不良を解消します。
筋肉が伸びて、引っ張られる感覚を意識して感じとりましょう。
10秒間止めるのが基本。
ただし無理はしないようにしましょう。

《立ったままやる》
@足を肩幅程度に開いた状態で両手の握りこぶしをつくり、
両ひじをギュっと曲げて肩の高さまで上げる。
A左右のこぶしの間はこぶし1つ分ほど開け、手の甲は上に向ける。
B上半身を真横に倒し、10秒キープする。
このとき、両腕が一直線になっていることがポイントです。
反対側も同様に行う。
ポイント・・・両足はかかとが浮かばないようにすること。

《座ったままやる》

@イスに座って、足を肩幅程度に開き、背筋をしっかり伸ばす。
Aその状態から両手で握りこぶしをつくり、両腕を真横にのばして
両ひじを90度曲げる。ひじと肩を同じ高さに保ったまま、
上半身だけをできるだけ真横に向けてゆっくり倒し、10秒キープする。
B反対側も同様に行う。




               素材お借りしました
                                      
Copyrightc 黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気Allrights reserved