体をほぐす・背中 

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 キレイ
黒酢 サラサラ 効果で血液サラサラ、万病予防と自己治癒力を目覚めさせ
心と体の綺麗と元気を取り戻すことを願って、色々な情報を紹介します。

黒酢 サラサラ        

黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気 TOP> 【体をほぐす・背中】

体を外からほぐす

体じゅうの「痛み」「こり」「だるさ」を解きほぐしましょう
全身のつらい症状を自分の手で、押したり、もんだり、のばしたり、
ほぐしたりして外からとり除きましょう。
【体を外からほぐす】
頭と首
背中
全身
【体を中からほぐす】
フレッシュジュース
(1)
 (2) (3) (4)
スープ
お茶
ヨーグルト
◆黒酢漬け
(1)黒酢しょうが 

(2)黒酢にんにく 
(3)黒酢たまねぎ
黒酢特徴 
黒酢効果
黒酢の風呂
◆黒酢ダイエット
◆黒酢料理レシピ
◆黒酢料理レシピ2
◆黒酢ドリンク
【不快症状
女性特有の辛い症状
(1)尿もれ

(2)冷え性

(3)更年期障害
◆誰もが悩む不快症状
(1)疲れ目・ドライアイ・視力減退
(2)頭痛 不眠
(3)便秘・下痢
(4)シミ・しわ
(5)うつ
【体と心をいやすアロマテラピー
◆効果抜群の使い方
(1) (2)  (3)
◆悩み別・アロマ活用レシピ
(1) (2)
【体と心をいやす美容術
美容・顔(1) (2) (3)
美容・全身
◆美容・シェイプアップ
(1) (2) (3) (4)
リンク&リンクについて

【背中】背中の張りとこり
若狭と元気は背中から!
不快な張りをとって、背筋をすーと伸ばして快適に過ごしましょう!

≪背中開け閉め体操≫ 背中全体を大きく動かすことが筋肉にも神経にも効く。
背中の筋肉や関節、背中全体を大きく動かして筋肉をしっかりほぐしましょう。
肩甲骨の内側と鎖骨の下の筋肉が伸び縮みするのを意識して、
背中の血行が悪くなっている朝と、体が温まり筋肉がゆるんでいるお風呂上がりに
5回づつ行うのが効果的です。

≪背中開け閉め体操のやり方≫
@腰をまっすぐ伸ばしたままイスに座り、体の力を抜いてリラックスする。
A両ひじを軽く曲げ、肩甲骨を縮めるようにひじを背中の中央にゆっくりと寄せていく。
そのまま3秒間キープする。
B両手を前に伸ばし前へ引っ張られているイメージで、左右の肩甲骨の間を広げて
そのまま3秒間キープする。
C両手を上げて広げ、胸を張り、肩のつけ根と胸の前の鎖骨の下を伸ばす。
そのまま3秒間キープする。@に戻り、合計5回繰り返す。

≪背中波うち体操≫
体のゆがみを正して、背中から若返り!
背中波うち体操は、肩甲骨周辺と鎖骨の下の筋肉をほぐすだけでなく
背骨の歪みを改善する効果もあります。
入浴などで体を温まめ、リラックスしてからゆっくりと筋肉を伸ばしていきましょう。

≪背中波うち体操のやり方≫
@両手と両足を肩幅程度に開いて、四つんばいになる。
A首と背中の力を抜いて、ダランと背中を落とす。
リラックスして筋肉が伸びて
いるのを意識してやりましょう。
B上に吊りあげられるようなイメージで、ゆっくり背中を上げる。そして@に戻る。
一日5セットくらいをやってみましょう。


≪背骨ゆがみ治し体操≫あおむけに寝て背中を浮かし、気分もほぐしましょう。
あおむけの状態から背中を持ち上げ、下に落とすという動作で、背骨のゆがみを改善する。
一日3〜5回行って立った時に、背骨の伸びた美しい姿勢がいつも保てるように
やってみましょう。


≪背骨ゆがみ治し体操のやり方≫
@あおむけに寝て、両手と両足をまっすぐ伸ばす。その際、両手の小指側を床につける。
A両ひざを立てる。足の裏と両手の小指側は、床につけたまま動かさないように
B息を吸いながら、腰と背中を床から浮かせ、持ち上げる。3秒以上をキープする。
C苦しくなったら、一気に息を吐いて力を抜く。そのまま10秒間体を動かさないようにする。





               素材お借りしました
                                      
Copyrightc 黒酢 サラサラ 心 体 綺麗 元気Allrights reserved