華道

  趣味探し 素敵な趣味で人生にうるおいを!

趣味探し 


 【サイト紹介】

 
 趣味、あなたは趣味をおもちですか?
 時には仕事や家庭のことを忘れて没頭できる素敵な趣味があったら幸せですよね。

 良い趣味は心を豊かにし毎日の生活にうるおいを与え、
仕事にも良い影響を及ぼすと言われています。


 
このサイトでは皆さんに趣味の素晴らしさを知ってもらう為に、
多くの趣味に関する情報を ジャンル別に紹介しています。


今現在趣味を楽しんでいる方、もっと趣味を増やしてストレスのない楽しい毎日を送りたいと考えている方、
あんな趣味、こんな趣味いろいろ紹介しますので、あなたにピッタリ合っ趣味を探してみてください。

また、このサイトで紹介できなかった各趣味のもっと詳しい情報や他の趣味のリンク集も掲載して
いますのでご覧になって参考にしてください。



スポンサードリンク
趣味 趣味探し 素敵な趣味で人生にうるおいを!HOME




【趣味・カテゴリ】








 日本文化

 手芸・クラフト

 絵画・アート

 スポーツ

 楽器

 文筆

 ダンス

 料理

パソコン

アウトドア

 その他の趣味




 リンク集

 プロフィール


 相互リンクについて












趣味・日本文化             



 華道 

華道は日本の伝統的な芸術であり、
花を飾る文化は太古の時代、
仏前へ草花をお供えすることから
始まりました。

「花は人の心である。」
「草花には人間と同じ命が宿る。」
花を生ける時、花を見つめて感じる感情
または理想とする美しさを花に捜し求め
花に託して表現するということです。

生けられた花や草木は、活けた者の心を写しだす鏡。
心に秘めた美や理想がいけられた瞬間、眼前に現れます。
また、自然の美しさに気づかされ、教えられることで、
心をより豊かにすることができるのです

自然な美しさを表現することは、
私たちも自然の一部であることを実感できます。
人は生けられた花や草木に季節を感じ、癒されるのです。


いけばな(華道)のお稽古始めに揃えたい道具

華道用鋏(花はさみ) わらび手ばさみ・・・ 持ち手がクルッっと巻いたもの
つるてばさみ・・・
持ち手が輪になっているつる手のもの
葉物用はさみ
花器 一輪挿し・・・
花一輪を楽しむ花器。和花でも洋花でも使いやすい。

花瓶(かへい)・・・縦長の陶製花器。投入花、生花によく用いられます。
水盤・・・お盆状の広くて浅い花器。
コンポート花器・・・果物を盛るための器“コンポート”を
            花器に転じたもの。
鉢・・・水盤よりも中央が深くなっているもの。
筒・・・細長く寸胴のもの。
壺・・・胴の部分に膨らみがあり、口が狭まっているもの。
吊り花器・・・吊るして使う花器。
ガラス花器・・・形はさまざま。涼しさの表現に最適。
竹花入れ・・・竹でできている。
籠花入れ・・・投入花の花器として古くから好まれてきました。
剣山 角型 丸型 細長角剣
花材を固定するものを花留めといいます。
剣山は代表的な花留めです。
花台・敷板 床の間に花を飾るときに花器の下に敷く台や板。
花合羽  お花を包んで持ち運ぶときに使う生花用品です。
また、お稽古のとき下に敷いて花風呂敷としても使います。


いけばなの形
立花・立華(りっか) 室町時代に盛んになった立て花が原型で、主となる花材を花器の中心に挿し立てる形です。
茶花 茶席に飾る花。可憐な山野の花が好まれます。
生花(せいか・しょうか) 各花(かくばな)とも言います。基本的には天・地・人の3つの役枝が三角形もしくは円形に構成されています。
文人花(ぶんじんばな) 煎茶席に飾られる花。
盛花(もりばな) 明治時代中期に小原流の創始者、小原雲心によって考案されました。水盤を使って花材を盛るように構成します。
投入花(なげいればな 盛花が考案されたことで、口が狭く、丈のある花器に挿すいけばなを投入花と呼ぶようになりました。盛花と同様、現代いけばなの各流派に広く取り入れられています。

【華道の歴史】

仏教伝来以降、
仏様にお供えする供花が日本でも定着し、
「たて花」と呼ばれるものになりました。
 また、室町時代になると住宅様式の変化から
床の間の原型である「押板」と呼ばれる場が
作られるようになりました。
ここに生けられる花の形式が
徐々に決められるようになります。

 江戸時代を迎えるといけばなは
富裕な町人の間にも普及しはじめます。
座敷の床飾りとして生花が飾られるようになり、
多くの流派が作られました。











Copyrightc 趣味 趣味探し 素敵な趣味で人生にうるおいを!Allrights reserved