着付け

  趣味探し 素敵な趣味で人生にうるおいを!

趣味探し 


 【サイト紹介】

 
 趣味、あなたは趣味をおもちですか?
 時には仕事や家庭のことを忘れて没頭できる素敵な趣味があったら幸せですよね。

 良い趣味は心を豊かにし毎日の生活にうるおいを与え、
仕事にも良い影響を及ぼすと言われています。


 
このサイトでは皆さんに趣味の素晴らしさを知ってもらう為に、
多くの趣味に関する情報を ジャンル別に紹介しています。


今現在趣味を楽しんでいる方、もっと趣味を増やしてストレスのない楽しい毎日を送りたいと考えている方、
あんな趣味、こんな趣味いろいろ紹介しますので、あなたにピッタリ合っ趣味を探してみてください。

また、このサイトで紹介できなかった各趣味のもっと詳しい情報や他の趣味のリンク集も掲載して
いますのでご覧になって参考にしてください。



スポンサードリンク
趣味 趣味探し 素敵な趣味で人生にうるおいを!HOME




【趣味・カテゴリ】






 
日本文化

 
手芸・クラフト

 
絵画・アート

 スポーツ

 
楽器

 
文筆

 
ダンス

 料理

パソコン

アウトドア

 
その他の趣味








 
リンク集

 
プロフィール


 相互リンクについて













趣味・日本文化             



着付け


きものは、時.場所.場合に応じて
着ていくものが違ってきます。
着物の着付けは、着崩れしないでゆったり
着られる事が一番です。
着物が楽しく一人で着られたら、
お出かけやお稽古ごとなど心が弾みます。
素敵に着物を着こなせる様
趣味として着付けを学んでみましょう。



着付けに必要な小物
肌襦袢 素肌に直接触れるものなので、吸湿性や保湿性、
肌触りのよさ、丈夫である事が大切な条件。
素材は、白のさらしが一般的。
裾よけ 長襦袢の下に付けて裾さばきをよくし、着崩れを防ぎ
歩きやすくする、長襦袢の汚れ防止、下半身の保温などの
重要な役割があります。
和装ブラジャー 「よせて上げる」のハンタイ!「おさえて平らに!」
ワイヤーがないから「痛くなりにくい!
長襦袢 着物の下に着る下着。身長に合わせて対丈で仕立て、
衿には半衿をかけます。
半衿 礼装用・・・礼装の着物には、白か薄色の上品なものを。
伊達衿・・・着物と同色系の濃淡で上品に、また反対色で個性的に        なります。
普段着・・・色半衿や刺繍半衿などを合わせて楽しんでみましょう
衿芯 衿芯を入れることで長襦袢の衿をしっかり立たせ、それにきものの衿を沿わせてきれいなカーブの衿をつくりあげます。
腰紐 着物姿の美しさを内側で支えてくれるのが紐類
モスリン(毛織物)、正絹、、木綿、化繊など
伊達締め 胸元を抑え、着崩れを防ぐ為のもの。堅めの織りで、
両端が柔らかく結びやすくなっています。
正絹、木綿、モスリン、化繊など
帯板 幅や長さ、素材、色や柄も様々。好みや体型によって選びます。
帯枕 帯結びのさまざまな形を支える帯枕。大きさや厚み、
形も様々で目的や好みに合わせて選びます。
帯あげ
帯締め
帯揚げや帯締めは、着物や帯の格に合わせて選びます。
帯揚げの素材は、綸子や縮緬が一般的。
足袋

吸湿性に富み、洗濯にも強く、家庭での漂白も簡単なので
普段履きには木綿(中でも目の詰んだキャラコ)が最適です。



着物の種類
黒留袖 黒留袖は祝儀のためのフォーマルきもの。黒地のきものの背中心、
両胸、両外袖の5ヶ所に日向紋を染め抜き、裾に模様を描いたもの。
色留袖 五つ紋付き色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られる
お祝い用の第一礼装です。
振袖 華麗な文様で袖丈も長い振袖は、未婚女性の第一礼装。
袖丈が長いほど格調が高く、改まった感じがします。
訪問着 訪問着は色留袖の次にフォーマルで、お洒落の要素を併せ持った
準礼装のきものです。
付け下げ 付け下げは訪問着を簡略化した、訪問着より気軽で
小紋より格の高い染めのきものです。
色無地 無地染めのきもの。紋を付けて慶弔両用の準礼装に。
色無地は、多彩な模様染めとは違い、用途によって着分ける事が
できる利用範囲の広い一色染めのきものです。
黒喪服 黒無地は喪の第一礼装、地味な色無地は略礼装に。
一生のうちに何度か着る事になる喪服。
小紋 お洒落として楽しむ型染めのきもの。
きものの魅力に気ずき、ちょっとしtお出かけにも着物を着たいと
いう人にとって、小紋はとても便利な着物です。
洒落着として楽しむ織りのきもの。
「紬を着こなしてこそ、きもの好き」と言われるように、
紬は着る人の個性をよく表現するお洒落なきものです。
浴衣 盛夏に着る木綿のくつろぎ着・遊び着。
気軽に着物の気分が味わえる浴衣は、真夏の遊び着として人気です。



着物 着付けの基本
足袋を履く 美しい足袋とは、余計なしわがでず足にぴったりと
フィットしたもの。
肌着を着る 肌着には、汗取りや保温といった温度管理と、
上半身の体型、特に胸元のラインを整える役割があります。
裾よけをつける 裾よけは、足捌きのよさ、どんなに動いても着崩れしない、
美しい着物姿を作る基本
長襦袢を着る 衿の合わせ加減や衣紋の抜き具合など、
長襦袢の着方で着姿がかなり決まってしまう
着物の着付け   基本の着付け   
  1.着物を羽織る
  2.衿先を持つ
  3.裾線を決める
  4.上前を決める
  5.下前を合わせる
  6.上前を合わせる
  7.腰紐を締める
  8.腰紐を結ぶ
  9.後ろのおはしょりを整える
  10.前のおはしょりを整える
  11.掛け衿を合わせる
  12.下前の衿をはさむ
  13.上前の衿を止める
  14.背中のしわをとる
  15.衣紋と衿を整える
帯を締める 帯締め・帯揚げを締める

Copyrightc 趣味 趣味探し 素敵な趣味で人生にうるおいを!Allrights reserved